支給停止の割合は固定か 継続給付と年金出るとき

2021.03.31 【雇用保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 これまで、定年後の再雇用者に対して、「雇用保険から高年齢雇用継続給付が出る代わりに、年金の一部がカットされます。両者の比率は5対2です」と説明してきました。しかし、実際に受給する人の中には、「本当に、5対2という比率は正しいのか」と疑問を呈す人もいます。私の説明は、不正確だったのでしょうか。【宮崎・U社】

A

「5:2」でないことも 実賃金減っても最大15%で

 制度の基本思想として、高年齢雇用継続給付(雇保)は賃金の最大15%(賃金の低下率が61%以上75%未満のときは、15%から一定割合で逓減する率)が支給されます(雇保法61条)。

 一方、年金(厚年)は報酬の…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年4月1日第2375号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ