年金だけ受給可能? 高年齢継続給付やめて

2021.01.12 【厚生年金保険法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 現在、雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金を受給している65歳未満の従業員が、近々老齢厚生年金を受け取れるようになります。「雇用保険の受給をやめて年金を満額受け取ることはできるのか」という質問を受けたのですが、このような措置を採ることは可能なのでしょうか。【埼玉・M社】

A

退職などの事由が必要

 60歳代前半の老齢厚生年金と高年齢雇用継続基本給付金の両方を受けられるときは、後者を優先し、年金の全部または一部が支給停止されます(厚年法附則11条の6)。支給停止される年金額は、実際に支払われた賃金額にかかわりなく、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年1月11日第3288号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ