人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

2022.07.27 【健康保険法】

コロナ感染の証明必要か 傷病手当金を支給申請

キーワード:
  • 傷病手当金
  • 新型コロナウイルス
Q

 健康保険法の傷病手当金ですが、医師の証明がなくても良いという取扱いがあったように記憶しています。時限的な措置だったかもしれませんが、仮に現在は証明が必要でも保健所の証明で代替できるものなのでしょうか。【東京・T社】

A

例外的に不要な場合あり 医療機関受診できないなど

 健保則84条2項1号および3項では、次の事項に関する医師等の意見書を添付するよう求めています。

・被保険者の疾病または負傷の発生した年月日
・原因
・主症状
・経過の概要
・労務に服することのできなかった期間
・医師等による診断年月日および氏名

 傷病手当金の支給申請書をみると、「療養担当者が意見を記入するところ」の欄があります。記入例がありますので、…

回答の続きはこちら
2022.01.31 【衛生管理】

必要換気量の根拠教えて 感染症対策講じたい

キーワード:
  • 新型コロナウイルス
Q

 感染症対策の必要換気量として、一人当たり毎時30㎥といわれていますが、根拠はどのようになっていますか。【神奈川・I社】

A

二酸化炭素上限から算出 「ビル管理法」に規定

 新型コロナウイルス感染症の予防対策として、3密の防止、すなわち「密閉」「密集」「密接」状態の発生防止がいわれています。その中でも、建物内においては空気の滞留による飛散物濃度上昇を来す、密閉空間にならないよう適切な換気が必要です。

 この問題への対処として、建築物における衛生的環境の確保に関する法律(以下「ビル管理法」)で、必要換気量(一人当たり毎時30㎥)を満たすよう求められています。

1.ビル管理法の数値の根拠

 ビル管理法では、室内の二酸化炭素の上限は1000ppmと決められているため、一人当たりの必要換気量は、次式のようになります。…

回答の続きはこちら
2021.10.16 【衛生管理】

ワクチン接種歴を確認? 顧客との接触多く問題は

キーワード:
  • 新型コロナウイルス
Q

 当社は製造販売業で、社員はお客様先に出向くことが多いのですが、社長が「社員はコロナワクチンを打っていますと言えるように、社員の接種歴を確認しろ」と言い出しました。新型コロナウイルスに対するワクチンは、当社の場合職場接種ではなく、社員がそれぞれ自治体の接種を申し込んでやっている状況です。問題はないでしょうか。【岐阜・M社】

A

業務内容が大きく影響 適正配置する必要あり

 お客様に対応する社員が多い会社は、社員一人ひとりがワクチンを打ったことを分かるようにしておきたいというニーズは確かにあると思います。

 ただ、コロナワクチンを打つかどうかはあくまで本人の選択とされており、予約が取れなかったり、医学的な理由で「打ちたくても打てない」人もいます。また会社には、主に内勤である職種の方もいると思います。一般に、…

回答の続きはこちら
2021.09.15 【衛生管理】

「コロナうつ」を防ぎたい 長引く在宅勤務の影響が

キーワード:
  • メンタルヘルス
  • 在宅勤務
  • 新型コロナウイルス
Q

 なかなか収束がみえない新型コロナの感染再拡大で参っています。会社としても、ワクチンの職域接種など、可能な対応はしているつもりですが、長引く在宅勤務や行動の制限などで、いわゆる「コロナうつ」にならないかと社員のメンタルが心配です。社員にどんなことを話していけばよいでしょうか。【福島・N社】

A

セルフケアの重要性説明 社内報でメッセージ発信

 猛威を振るうデルタ株の影響もあって、コロナ禍が収まりません。確かにコロナうつは心配です(2020年9月15日付第2362号55ページ参照)。

 会社の対応として、在宅している社員向けに「自宅で働くときに、時間をはっきり区切るなど業務とプライベートの切り分けをしましょう」と呼びかけたり、一日一度は音声・画像付きで打ち合わせするなど、相互コミュニケーションの方法を検討したりすることが勧められています。また、在宅勤務の限界を理解し、オフィス勤務時と全く同じレベルのアウトプットを求めないなどの姿勢も重要とされます(日本産業衛生学会・日本渡航医学会「職域のための新型コロナウイルス感染症対策ガイド」)。…

回答の続きはこちら
2021.08.21 【衛生管理】

感染者もワクチン接種? 打つべきなのか教えて

キーワード:
  • 新型コロナウイルス
Q

 新型コロナウイルスに対するワクチンの職域接種に当社も取り組んでいますが、一度発熱の症状が出てPCR陽性となり自宅療養で復職している社員から、打つべきなのか、日を空けたほうがいいのかといった質問を受けました。どのように考えたら良いのか、教えてください。【東京・N社】

A

抗体の値高まるメリット 時期は医師と相談必要に

 新型コロナウイルスに既に感染したことがある方も、ワクチンを接種することはでき、またその効果が期待できます。通常通り2回接種していただければ結構です。

 既感染者に対してむしろ接種が奨励されている国もあり、これは、このウイルスが一度感染しても再感染する可能性があることと、自然に感染するよりも…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。