人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

2020.09.14 【衛生管理】

「コロナうつ」どうケア? 在宅勤務の長期化が心配

ジャンル:
  • メンタルヘルス
  • 在宅勤務
  • 新型コロナウイルス
Q

 新型コロナの感染再拡大で、原則在宅勤務としています。長期化を覚悟しなければならないところ、社長が「在宅が長引くと『コロナうつ』などメンタル不調が増えるんじゃないのか」と心配しています。会社としてできることは何があるのでしょうか。【山梨・N社】

A

仕事以外と切り分けを 昼休みなど適度に運動

 在宅勤務が長期化すると、確かにメンタルヘルスに対する影響が心配になります。物理的な執務環境の違いに加えて、上司や同僚とのコミュニケーションの取りにくさ、オンラインツールへの不慣れ、勤務時間を区切ることの難しさ、家族がいながら執務をする困難さなどがあるほか、先行きが見通せない不安や、感染者に対するスティグマの作用など、メンタル不調の要因は多々あります。…

回答の続きはこちら
2020.08.15 【衛生管理】

マスク着用義務付けたい 発熱時には申告求める

ジャンル:
  • 新型コロナウイルス
Q

 新型コロナウイルスへの対策として、マスクの着用を必須とするとともに、家族など同居人に発熱など体調不良者がいる場合には必ず会社に申告することを求めているのですが、従わない社員がいて困っています。社内からクレームもあり、どうしたものか困惑しています。業務命令違反として懲戒処分をするといった対応はできるのでしょうか。【千葉・D社】

A

拒否されたら理由確認を 情報管理を徹底と周知

 会社は社員に対する安全配慮義務を負うほか、職場の秩序を維持する権限を持っていますが、社員の行動に対して一般的支配が生じるわけではありません。社員が守るべきルールを守らず、懲戒する場合、「合理的で社会通念上相当」(労働契約法15条)であることが求められます。懲戒処分は、…

回答の続きはこちら
2020.08.12 【健康保険法】

報酬月額戻す手続きは? 新型コロナの特例改定後

ジャンル:
  • 休業
  • 新型コロナウイルス
  • 標準報酬月額
Q

 新型コロナによる休業が発生し、一部の従業員について、標準報酬月額の特例改定を実施します。今回措置の対象になった従業員については、どのタイミングで報酬月額を元に戻す(または再改定する)手続きを採ればよいのでしょうか。【鳥取・G社】

A

2等級上昇なら随時改定 休業回復から3カ月みる

 休業に伴い所得が急減する被保険者が増えているため、随時改定によらず、機動的に標準報酬月額を変更できる特例が整備されました(令2・6・24保保発1号)。

 特例では、固定的賃金に変動がなくても、1カ月単位で…

回答の続きはこちら
2020.07.28 【健康保険法】

コロナで月額変更はいつ 報酬減り保険料見直し

ジャンル:
  • 新型コロナウイルス
  • 標準報酬月額
Q

 新型コロナ対応で、休業により収入がダウンした場合、随時改定を待たずに標準報酬月額の改定が可能になったという話を聞きました。今回の特例改定は、どのような条件を満たせば、申請可能なのでしょうか。【埼玉・B社】

A

2等級低下なら翌月改定 休業日も支払基礎日数に

 厚労省の集計では、新型コロナウイルスの蔓延により、雇用調整を余儀なくされる事業所数は4万9000に上っています(令和2年6月26日現在)。

 休業により報酬が著しく下がった場合、通常は随時改定により、標準報酬月額の修正を行います(健保法43条)。しかし、この方法による場合、修正が反映されるのは、固定的賃金に変動があった後、4カ月後となります。

 今回の特例は、よりスピーディな対応を目的とするものです。対象となるのは、次の3要件を満たす被保険者です(令2・6・24保保発0624第1号)。…

回答の続きはこちら
2020.07.21 【労働基準法】

コロナで計画変更? 1年変形制で途中だが

ジャンル:
  • 労働時間関係
  • 変形労働時間制
  • 新型コロナウイルス
Q

 1年単位の変形労働時間制を採用していますが、新型コロナウイルスの影響で、稼働日数を減らすなど当初の計画を変更したいと考えています。対象期間の途中でも変更可能ですか。【宮城・N社】

A

特例で認める解釈例規あり

 1年単位の変形制(労基法32条の4)では、労使の合意によっても対象期間の途中で適用を中止できないとされています。

 ただし、新型コロナウイルスへの対策を行う期間を対象期間に含み、当初の計画どおり実施することが著しく困難になった場合は、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ