ワクチン接種命令可能か 安全配慮義務違反を懸念

2021.04.16 【衛生管理】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 新型コロナウイルスのワクチンの安全性に疑問があって打ちたくないという人がいます。今後営業に出るためにはワクチンを打っていることが要求される可能性があると思っています。業務命令で打たせることは可能でしょうか。また、打っていない人がいることを知っていて出社させて感染が広がった場合、責任を負うのでしょうか。【大阪・J社】

A

予防接種法で「努力義務」 まずは職場の感染対策を

 2020年12月に施行された改正予防接種法では、接種は国民の「努力義務」とされ、接種するかしないかはあくまで本人の選択に委ねられています。厚生労働省も、「ワクチンは受ける方の同意なく行われることはなく、職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないよう」求めています(「新型コロナワクチン接種についてのお知らせ」)。

 今後、変異種の拡大や、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年4月15日第2376号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ