抗体検査を義務付けたい 発症有無分かれば安心

2020.07.15 【衛生管理】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 社長が「社員みんなに新型コロナウイルスの抗体検査を受けさせてはどうか」と言い出しました。風邪症状があるのにPCRが受けられないケースが何人か出たこと、大手IT企業が受けさせた事例を見てのことのようです。どう対応すればよいのでしょうか。【東京・M社】

A

再感染しないといえず 個人情報扱うリスクも

 一般に、病原体に感染すると免疫系が発動して特異的な抗体(たんぱく質)が産生されます。血液を採取して新型コロナウイルス(を構成するたんぱく質)に対する抗体を測定するのが抗体検査です。イムノクロマト法による検査は短いもので15分程度で測定でき、検査キットとして流通するものが出てきています。この検査は症状が出てから1~2週間程度経過しないと陽性にならないため、感染初期を判定するのには向いていません。ある程度時間の経過した感染、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年7月15日第2358号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ