在宅勤務で復職認めるか 主治医は可能と診断

2020.06.14 【衛生管理】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 500人ほどの専門商社です。新型コロナウイルスへの対応で「原則在宅勤務」としていますが、メンタルヘルス不調で1年ほど休職していた従業員が、在宅勤務なら復職できるとの診断書を持って復職を希望してきました。どのように対処すべきでしょうか。【大阪・I社】

A

ラインケア難しく慎重に 産業医の意見を踏まえて

 通常、傷病による休職からの復職の条件は従前の職務を通常程度行うことができることとしている会社が多いと思います。現在のような「原則在宅勤務」となっていると、どのような考え方をすべきか悩ましいところかもしれません。この社員は、会社に出勤するのはまだ難しいけれども在宅勤務であれば今の自分にもできるのではと考えて、主治医と相談したのかもしれません。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年6月15日第2356号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ