テレワークどう健康管理 長時間PC作業従事も

2020.04.14
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 400人の商社ですが、当社も新型コロナ対応で大わらわです。移動が制限されるので営業がままならず、業務部門は時差出勤などで対応していますが、今回本格的にテレワークによる在宅勤務を導入することとしました。在宅勤務を全社的に進めるに当たって、健康管理面で気を付けることはあるでしょうか。【茨城・S社】

A

イスに腰痛リスクあり ストレッチなど勧めたい

 新型コロナウイルス対策では、オリンピック・パラリンピック対応として検討していた在宅勤務を、より早く本格導入する会社も多いと思います。

 在宅勤務を可能にするには、労働時間管理の方法や、いわゆる「中抜け」の時間控除の処理、就業規則の整備など、労務管理的な対応が必要になりますが、安全衛生の面からももちろん留意事項があります。

 自宅は労働に適した環境が必ずしもあるわけではなく、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年4月15日第2352号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ