人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

 日常職場で発生するトラブルの処理の仕方、安全衛生の諸問題、人事労務制度の内容、労働関係法の解釈など、紙面に寄せられた労働に関する相談を掲載しています。

 労働新聞・安全スタッフのご購読者様は、専門の担当者が労働に関する相談に無料で幅広くお答えします。電子版にログインのうえご相談フォームからご利用ください。

NEW2019.07.15

差額精算して月変は? 手当額の計算で誤り

ジャンル:
  • 健康保険法
Q

 引っ越した従業員の通勤手当を増やすべきところ、誤って従前の額を支払っていました。差額を支払ったうえで随時改定を行うときに、起算月は本来の額を支給すべきだった月か、それとも実際に差額精算した月のいずれの月になるのでしょうか。【神奈川・U社】

A

本来支給月から起算を

 7月に通勤手当1万円を2万円にすべきだったところ、1万円のままだったとします。パターンとしては、ご質問の2つのいずれも考えられます(平成31年度版「算定基礎届・月額変更届の手引き」)。

 ひとつは、…

回答の続きはこちら
NEW2019.07.13

どんな項目を指示すべき 毎日行う監督者の「点呼」

ジャンル:
  • 安全管理
Q

 建設の現場監督者をして数年が経ちました。点呼で何を指示したら良いのか悩んでいます。作業者の役に立つように具体的に教えてください。【福島・F社】

A

朝礼での指示は“1点”に 作業者のやりがいを喚起

 毎日の朝礼で何を指示したら良いのか悩んでいる監督者の方は、少なくないと思われます。この悩みの解決策はズバリ、以下の2つに絞られると考えます。…

回答の続きはこちら
NEW2019.07.12

誰に賠償請求できるのか 知人の車へ同乗中事故

ジャンル:
  • 交通事故処理
Q

 私Aが、知人Bの運転する自動車に同乗していたところ、交差点においてCが運転する対向車と衝突し、怪我をしてしまいました。Bにも不注意があったことから、過失割合はBが3割、Cが7割であると説明されました。私は、治療費や慰謝料をBとCそれぞれに対してどれだけ請求することができるのでしょうか。【愛知・K生】

A

双方に全額請求が可能 「共同不法行為」の関係に

 交通事故によって怪我をしてしまった場合、治療費や慰謝料等の損害の賠償を、加害者に対して請求することができます。

 法律上は、①民法709条で定められた不法行為に基づく損害賠償責任、または②自動車損害賠償保障法3条に基づく運行供用者責任の追求として損害賠償を求めるということになります。「運行供用者責任」とは、不法行為責任の特則ともいわれるもので、加害者が運行供用者(加害者が他人の自動車や業務用車両を運転していた場合における車の所有者など)に該当する場合に、故意・過失等の立証責任を転換しているものですが、これらの点を除き基本的枠組みは同じなので、本稿では不法行為を前提に説明をします。…

回答の続きはこちら
NEW2019.07.12

年休指定日は変更が必要か 派遣先変わり公休日に 労働者は別の日を希望

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 休憩・休日関係
Q

 当社は派遣元で登録型派遣社員が主体ですが、最近は無期雇用派遣労働者も増えています。年5日の年休の取得について、派遣先の特殊事情による公休日を含めて指定する方向で検討しています。一度年休日を定めた後、「他の日に年休を取りたい」という希望があるときは、どのような対応が考えられるでしょうか。【広島・K社】

A

消化した形で処理可能

 登録型派遣の場合、基本的には「派遣先ありき」で雇用契約が締結されます。途中で派遣先が変更された場合、最初と次の派遣先で年間カレンダー(所定労働日の配置)が一致するとは限りません。この場合、元々(最初の会社)の契約では所定労働日だったけれど、次の会社では公休日となっている日の取扱いが問題となります。

 無期雇用派遣労働者については、この問題が顕著に表れます。派遣先が変わったからといって、その都度、契約を再締結するのは非現実的です。

 対応としては、…

回答の続きはこちら
NEW2019.07.11

年休5日・付与基準日直前の復帰

ジャンル:
  • ショート実務相談Q&A
Q

 年休5日の取得義務ですが、休職した場合などに関して、「5日の年休を取得させることが不可能な場合には、その限りでない」という解釈が示されています。極端なケースではありますが、例えば、次の付与基準日の4日前に復職した場合、時季指定義務との関係はどうなるのでしょうか。

A

 使用者は、年次有給休暇の付与基準日から1年以内に5日与えなければなりません(労基法39条7項)。自ら取得した日数(時間単位は除く)は、5日から控除できます。

 休職には私傷病、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ