産業医が行う「巡視」とは 実施頻度や把握する事項

2019.07.26
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 産業医の基本的な職務として「作業場の巡視」というのがあるそうですが、この巡視は頻繁に行わなければいけないものなのでしょうか。また、具体的にはどのようなことを把握する必要があるのでしょうか。【埼玉・Y社】

A

原則として毎月1回行う 一定条件下で隔月も可能

 事業者は産業医に、下記のに掲げる事項で医学に関する専門的知識を必要とすることを行わせなければなりません(安衛則14条1項)。

 産業医は、少なくとも毎月1回作業場等を巡視し、作業方法または衛生状態に有害のおそれがあるときは、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければならないこととされています。この「少なくとも毎月1回」については、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2019年8月1日第2335号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ