外部委託できるのか 面接指導含むストレス検査

2017.04.07
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 昨年初めてストレスチェックを実施しましたが、産業医が月に1日しかおらず、その後の面接指導や集団分析がなかなか進まないので、一部を外部に委託しようと考えています。面接指導は本来会社の産業医が行うものと考えていますが、社外の医師に委託することはできるのでしょうか。もし可能な場合はどのような点に注意すべきでしょうか。【長崎・H社】

A

丸投げせず共同実施に

 産業医はストレスチェック制度の中心的な役割を担うものとして専門的な知見等を求められていますが(安衛則14条1項3号)、実際には専門が精神科でないため実施に消極的なケースや、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年4月3日第3107号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ