「養育期間特例」は継続か 長子の3歳前に次子出産

2019.07.29 【厚生年金保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 私は第1子出産の際、会社のアドバイスを受けて、「養育期間の従前標準報酬月額みなし措置(養育期間特例)」の申出をしました。その後、第2子を妊娠し、まもなく産休に入ります。養育期間特例は、引き続き有効という理解でよいのでしょうか。【大分・J子】

A

産休入ると特例終了 新たな申出が可能に

 産休後、育児休業を取得せずに、短時間勤務等で働く女性もおられます。時短分の賃金がカットされたうえに、時間外労働等も制約を受けます。

 標準報酬月額の見直し(厚年法23条の3)があれば、保険料負担は軽減されますが、将来の年金額に影響が及びます。

 しかし、ご質問にある「養育期間特例」(厚年法26条)の申出をすれば(被保険者は事業主を通じて手続き)、不利益を免れることができます。申出者については、現実の標準報酬月額ではなく、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2019年8月1日第2335号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ