単身赴任者に適用か 年金計算の養育特例

2014.06.02
Q

 1歳の子がいる従業員が単身赴任します。年金額の計算において、減額前の高い報酬で計算できる「養育特例」を引き続き受けることはできるのでしょうか。【東京・N社】

A

「同居」とはいえず不可

 3歳までの子を養育する期間、報酬が下がっても年金額の計算においては子が生まれる前の高い標準報酬月額で計算する特例があります(厚年法26条)。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成26年6月2日第2971号16面
ページトップ