中途採用でも養育特例か 年金計算に優遇策あり

2017.04.04
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 子育て中の女性パートを採用しました。前に勤めていた会社は、出産する前に、本人いわく「健康面の不安」を理由に退職されたということです。パートとしての収入は高くありません。「3歳未満の子を養育する者」については、厚生年金・標準報酬月額の計算上、優遇策があったと思います。こうした女性について、制度の利用はムリなのでしょうか。【青森・D社】

A

前職の報酬月額ベースに 直近1年以内をみる

 ご質問にあるのは、「3歳に満たない子を養育する被保険者等の標準報酬月額の特例」(厚年法26条)だと思います。

 育児に従事する従業員は、育児休業を取らない場合であっても、勤務時間を短縮せざるを得ないなどの理由で収入が低下するのが普通です。その不利益をなくすため、平成17年に設けられた仕組みです。

 特例を受けるには、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年4月1日第2279号 掲載
ページトップ