障害者雇用に有用? ハロートレーニングとは

2019.07.16
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 障害者の雇用義務が強化され、当社でも障害のある人を採用した際には、どんな形で働いてもらうのが良いのか模索しています。付き合いのある会社から「ハロートレーニングで訓練を受けている人等、幅広く対応できる人材もいるはず」といわれました。聞き慣れない言葉ですが、「ハロートレーニング」というのはどのようなものなのでしょうか。【群馬・H社】

A

能力開発校などで実施

 「ハロートレーニング」とは「公的職業訓練」の愛称です。労働者が希望する仕事に就くために、必要な職業スキルや知識の習得を支援する制度で、4つの分野に分かれています。

 そのうち障害者を対象とするものは、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和元年7月15日第3217号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ