具体的な事例知りたい 雇用上の合理的配慮

2019.03.05
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 障害者雇用において課せられる「合理的配慮」ですが、具体的にはどのようなことをすればよいのでしょうか。【三重・Y社】

A

類型ごとに事例を列挙

 事業主は、これから雇用する又は既に雇用している障害者に対し、障害者でない労働者との間で均等な待遇を確保するか、障害の特性に配慮し、職場で能力を発揮するうえでのハンディキャップを解消できるように、作業環境を整備する等の措置を講ずることが義務付けられています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年3月4日第3199号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ