「使用証明」作成か 条文みると退職時証明書 名称にこだわる必要は

2017.02.06
Q

総務課に勤務していますが、退職した従業員から、営業担当役員を介して「使用証明」の作成依頼がありました。労基法の条文をみると、退職時の証明書に似ているようです。インターネットなどをみると、退職証明書のひな型もあります。「使用証明」という名称にこだわる必要はないという理解でよいのでしょうか。【長野・K社】

A

退職者が、使用期間、退職の事由等について証明書を請求した場合、使用者は遅滞なく交付する義務を…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年2月6日 第3099号16面
ページトップ