離職者多いと届出? 嘱託再雇用どう扱う

2016.06.20
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 従業員が離職した時の手続きフローを確認していたところ、離職者が大量にいるときは別途届出が必要ということです。たとえば、定年後の嘱託再雇用者等が離職する場合もカウントするのでしょうか。【滋賀・K社】

A

45歳以上が5人いれば

 離職者が一定数いる場合の届出には、2種類あることの確認が必要です。①雇用対策法27条1項に基づく「大量の雇用変動の届出」、②高年法16条1項に基づく「多数離職の届出」があります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年6月20日第3069号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ