兄弟会社に適用可能? 定年後の継続雇用制度

2017.05.05
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 企業グループの一社で、定年後の社員を当社か当社の関連会社で再雇用しています。今般ある社員が定年後の再雇用を希望しており、これまでの職務内容から勘案すると、当社等よりはむしろ同じ親会社傘下の別の子会社での再雇用がふさわしいのですが、継続雇用制度の要件は満たせるのでしょうか。【東京・N社】

A

契約交わせば親会社等も可

65歳までの高年齢者の安定した雇用を確保するために講ずべき措置として定められた「継続雇用制度」は、原則として自社で確保するものですが、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年5月1日第3111号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ