足場の作業で留意点は? 組立てや解体行うことに

2015.11.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 私は、建築工事の足場の組立て、解体作業を担当することになりました。現在、その準備を進めていますが、作業を安全に行うためにはどのような点に留意すべきか、ご教授ください。【和歌山・U生】

A

作業主任者選任が必要 2m以上は墜落防止措置

 足場からの墜落、転落災害の9割以上は安衛則に基づく措置が適切に実施されていない現場で発生しているといわれています。足場の組立て、解体または変更の作業について作業を安全に行うためには、作業主任者の選任、危険または有害な業務に労働者を就かせるときの特別の安全衛生教育の実施、作業を安全に行うための墜落等の防止措置の実施等が必要です。以下に、留意すべき主な事項について、ご説明します。

1 作業主任者の選任等について

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年11月1日第2245号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ