専任の安全管理者必要か 従事すべき業務の内容は

2018.02.09
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 安全管理者には巡視や研修の実施などさまざまな業務があるようですが、専ら安全管理者の業務に従事する必要があるでしょうか。また、具体的にどのような役割を負うのかについてもご教示ください。【群馬・O社】

A

建設なら300人以上 巡視して危険源の除去を

 安全管理者は、選任すべき事由が発生した日から14日以内に選任します(安衛則4条1項1号)。

 安全管理者は、原則としてその事業場に専属の者を選任しなければなりません。「事業場に専属の者」とは、その事業場のみに勤務する者をいいます。2人以上の安全管理者を選任する場合、当該安全管理者の中に労働安全コンサルタントがいるときは、当該労働安全コンサルタントのうち1人については、専属の者とする必要はありません(安衛則4条1項2号)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年2月15日 第2300号 掲載
ページトップ