調査結果どう扱うべきか 化学物質のリスクアセス

2017.01.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 化学物質の危険性または有害性の調査について、調査の手順や実施時期については具体的に規定されたようですが、調査した結果をどのように扱うべきなのか、何らかの規定や指針などは出されているのでしょうか。【岐阜・T社】

A

低減措置後に周知が必要 委員会で実施体制を審議

(1)リスク低減措置の検討および実施

 危険性または有害性等の調査の結果に基づいてリスク低減措置を講ずる場合には、法令に定められた措置があるときにはそれを必ず実施するほか、法令に定められた措置がないときには、次に掲げる優先順位でリスク低減措置の内容を検討するものとする…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年1月15日第2274号 掲載
ページトップ