転倒防止の規制知りたい 移動式クレーンでの作業

2015.03.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 移動式クレーンで作業を行う際、転倒を防止するためには作業場所についてよく調査する必要があると考えていますが、労働安全衛生法上の転倒の防止措置や留意点についてご教示ください。【栃木・S社】

A

定格荷重内の作業厳守 設置する地盤にも留意

 移動式クレーンを用いる作業では、転倒や架空電線への接触、つり荷の落下、接触等による労働災害が発生しています。転倒の防止に関しては、適切な作業方法や定格荷重、アウトリガーの張り出し等にも留意して作業を行うことが重要です。以下に移動式クレーンの転倒の防止措置やその留意点等に関する主な事項についてご説明します。

1 作業方法の決定等について

 事業者は、①移動式クレーンを用いて作業を行うときは、転倒等による労働者の危険を防止するため、あらかじめ、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年3月1日第2229号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ