吹付け作業での措置は? 第三種有機溶剤等の排気

2015.01.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 シンナーを含む塗料を使って吹付けによる塗装作業を行っています。中毒事故を防ぐ局所排気装置は、どのような条件の下に設置する必要があるでしょうか。【神奈川・K社】

A

タンク内部には局排装置 蒸気発散防げれば代替も

 塗料用のシンナーとして使われている石油系の溶剤であるミネラルスピリットなどは第三種有機溶剤に分類されており、一定の条件の下で吹付けによる作業を行う場合には、局所排気装置等の設置が義務付けられています。有機溶剤中毒予防規則6条2項により、事業者がタンク等の内部において吹付けによる第三種有機溶剤等に係る有機溶剤業務に労働者を従事させるときは、その有機溶剤業務を行う作業場所に、有機溶剤の蒸気の発散源を密閉する設備、局所排気装置またはプッシュプル型換気装置を設けなければなりません。ただし、次の①~⑤の場合には、同項の規定により設置が義務づけられている局所排気装置等の設備を設けないことができます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年1月15日第2226号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ