騒音防止対策の方法は? 金属部品製造する現場

2013.10.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では金属製品の製造を始めましたが、作業場は大きな音がしており対策を進める必要があると考えています。労働安全衛生法では、どのような騒音防止対策を行わなければならないのでしょうか。【石川・O社】

A

定期的に作業環境測定を 「管理区分」把握し改善策

 騒音による障害の防止については、多くの騒音性難聴の発症の報告があり、一層の防止措置を採ることが求められています。以下に主な対策についてご説明します。

1 作業環境測定等について

 事業者は「タンブラーによる金属製品の研ま又は砂落しの業務を行う屋内作業場等政令及び労働安全衛生規則で定める作業場」について、6月以内ごとに1回、定期に、作業環境測定基準に従って作業環境測定を行い、その結果を記録しておかなければなりません…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年10月15日第2196号 掲載
ページトップ