土石流の対策を知りたい 河川付近で建設工事実施

2018.09.25
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 土石流が発生するおそれがあるといわれている河川の近くで建設工事を行うこととなりました。土石流による危険を防止するためどのような対策を行わなければならないのでしょうか、ご教示ください。【長野・O社】

A

避難方法など事前に策定 作業の前後に降雨量把握

 土石流災害により、多くの方々が死傷する災害がしばしば発生しています。

 土石流が発生するおそれのある河川において、建設工事の作業を行う際の労働災害の防止に関する主な事項について以下説明します。

1 作業着手前の調査、土石流の発生を把握するための措置等

 事業者は、降雨、融雪または地震に伴い土石流が発生するおそれのある河川(以下「土石流危険河川」)において建設工事の作業(臨時の作業を除く)を行うときは、①土石流による労働者の危険を防止するため、あらかじめ、作業場所から上流の河川およびその周辺の状況を調査し、その結果を記録し、②あらかじめ①の調査により知り得たところに適応し、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成30年10月1日第2315号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ