墜落防止に必要な措置は 2m以上なら規制及ぶ

2015.12.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 安衛則の改正により、規制を受ける足場の範囲が「5m以上」から「2m以上」になりましたが、作業の進め方などでの留意点があれば教えてください。【愛知・T社】

A

床材と建地のすき間注意 特別教育には経過措置

1 足場の作業床に係る墜落防止措置

 今年7月1日から、つり足場の場合を除き、高さ2m以上の作業場所に設ける作業床の要件として、①幅は40cm以上とすること、②床材間の隙間は3cm以下とすることに加え③床材と建地との隙間は12cm未満とすることとされました。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年12月1日第2247号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ