重機との接触防止策は? ショベルローダー 作業者に気付かず

2014.07.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、ショベルローダーを使用して作業を行っていますが、先日、職員がバックしてきたショベルローダーに気付かず接触する事故が発生しました。労働安全衛生法では、こうした労働災害の防止について、どのような対策を採るよう規定されているのでしょうか。【岡山・N社】

A

誘導者の配置や速度制限 作業計画・指揮者選任も

 ショベルローダーへの接触、その転落等による労働災害が多く発生しています。労働安全衛生規則においては、ショベルローダーはフォークリフトや貨物自動車等とともに「車両系荷役運搬機械等」と呼ばれており、接触等による労働災害の防止に関しては、ショベルローダーに係る対策についての規定と車両系荷役運搬機械等に係る対策についての規定があります。以下に、その接触等による労働災害を防止するための主な対策についてご説明します。

1 ショベルローダーへの接触等による労働災害の防止について

 事業者は、①車両系荷役運搬機械等を用いて作業を行うときは誘導者を配置し、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年7月15日第2214号 掲載
ページトップ