教育要綱変わり留意点は 実施方法や対象者の範囲

2017.05.29
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

「推進要綱」が新しくなった安全衛生教育の実施に当たって、どのようなことを心がけておくのが良いのでしょうか。企業の規模や業種によっても異なるでしょうか。【栃木・N社】

A

講師養成講座を受講も 「雇入れ時」の実施徹底

安全衛生教育および研修の実施体制

 安全衛生教育および研修は、企業、安全衛生団体等および国が相互に連携して推進し、①企業は、企業内の安全衛生関係者に対する安全衛生教育および研修を自らまたは安全衛生団体等に委託して実施し、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年6月1日第2283号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ