産業ロボの整備や検査は 決まりや例外規定教えて

2017.04.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 産業用ロボットを運転するときは、その開始から終了後に整備や検査を行う段階に至るまでかなり細かい決まりがあるような印象ですが、どのようなことが決められているのでしょうか。また、例外などはあるのでしょうか。【栃木・O社】

A

誤作動防止の措置講じる 駆動源遮断する場合除く

 事業者は、産業用ロボットの駆動源を遮断して行うものを除き、産業用ロボットの可動範囲内においてその産業用ロボットに教示等の作業を行うときは、作業を開始する前に、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年4月1日第2279号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ