といしの取替えで教育か 使用にあたって留意点は

2015.06.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 研削といしは、取替えをする際の作業について、担当する労働者に一定の教育を行う必要があると聞いていますが、具体的にはどのような教育をどの程度行うことが義務付けられているのでしょうか。一方で、取替えの時ではなく通常の作業で使用している際には、事故を防止するため法令などで義務付けられているようなことはあるのでしょうか。【栃木・L社】

A

学科のほか実技もあり 作業前に1分間試運転を

1 特別教育について

 事業者は、危険または有害な業務で、厚生労働省令で定めるものに労働者を就かせるときは、その業務に関する安全または衛生のための特別の教育を行わなければなりません。この厚生労働省令で定める業務として、「研削といしの取替えまたは取替え時の試運転の業務」が定められています(安衛法59条、安衛則36条)。

 この研削といしの取替えまたは取替え時の試運転の業務に係る特別教育は、安全衛生特別教育規程において、①機械研削用といしの取替えまたは取替え時の試運転の業務と…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年6月15日第2236号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ