出向者含めて代表者選出? 管理監督者扱いだが 36協定の改定を行う

2016.03.28
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 例年どおり、時間外・休日労働(36)協定の改定を行います。昨年、出向社員として受け入れた社員の中に、本社では一般社員、当社では管理職扱い(課長職)という人がいます。労使協定の締結のため過半数代表者を選出する際、労働者の母数にこの管理職を加えるべきなのでしょうか。【群馬・G社】

A

「元・先」両方でカウント

 36協定をはじめとして労使協定の労働者側当事者は、「当該事業場の過半数労働組合(ないときは過半数代表者)」です。母数となる「労働者」の範囲と人数を正しく画定しないと、過半数労組が存在するか否かを判断できません。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月28日第3058号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ