週の起点を月曜にしたい 切替えで日曜が浮く 端数1日の残業代いくら

2013.04.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社(サービス業)では、日曜から土曜を1週間として時間外労働の計算を行ってきましたが、平成25年度から月曜を起点に変更したいと考えています。平成24年度の最終日3月31日は日曜で、その翌日(月曜)から新しい週が始まる形になります。端数の日曜については、どのように時間外計算すればよいのでしょうか。【埼玉・T社】

A

所定時間超えた分に割増

 週の時間外労働を把握する際、週の起点を明確にする必要があります。「1週とは『特段の定め』がない限り、日曜から土曜の暦週をいう」(昭63・1・1基発1号)とされているので、就業規則等で月曜起点に変更することも可能です。

 これまで日曜から土曜を1週としていた会社で、月曜起点にする場合、変更日直前の日曜が1日だけ「宙に浮く」形となります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年4月1日第2915号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ