報道の表現と相違? 法令でいう「裁量労働」

2017.09.05
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 テレビや新聞で、大手自動車メーカーが残業時間にかかわらず一定額を支給する方針を打ち出し、「裁量労働を拡大する」と報じられて物議をかもしたことがありました。「本当は裁量労働とは異なり、誤報である」ともいわれているようですが、実際にはどのように定義されているのが「裁量労働」なのか、あらためて確認したいと考えています。【福岡・O社労士】

A

労働者に時間配分する裁量

 法令上の「裁量労働」は、労働者が自ら時間を配分して就労するほうが理にかなった一定の業務に限り、日々の労働時間の長短にかかわらず毎日一定時間労働したものとみなす制度で、労基法38条の3および38条の4に規定があります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年9月4日第3127号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ