36協定違反問われるか 派遣と請負等の相違点

2016.09.12
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 人材派遣とアウトソーシング(請負、業務委託)の事業を立ち上げ、残業を見込んで36協定の締結を検討しています。派遣先や元請の企業での残業などの管理は当社が責任を負うと認識していますが、相手の派遣先や元請から無理な要請があった場合についても、当該相手についてはなんら責任を問われることはないのでしょうか。【滋賀・B社】

A

派遣先は違反に該当し得る

 36協定(労基法36条)は、労働関係のある使用者と労働者の間で締結して法定時間外労働等を可能にするものです。ただし…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月12日第3080号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ