振替休日はフル出勤が必要か 丸1日かからない仕事 週所定労働時間が減ることに

2013.01.14
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 顧客側のやむを得ない都合で、管理職1人および一般社員1人を休日出勤させる必要が生じました。振替休日で対応しますが、丸1日の出勤は必要ないという状況です。この場合、一般社員について、早帰りさせる形になります。「休日出勤なら問題なし、振替休日ならフル出勤させる必要がある」という話を聞いたことがありますが、どういう意味でしょうか。【鹿児島・Y社】

A

休業手当の問題が生じる

 会社の公休日に出勤させる場合、振替休日で対応すれば、会社は割増賃金の支払を免れますし、従業員も所定日数分の休日を確保できます。

 仮に休日出勤させたとしても、「代休を与える法律上の義務」はありません(平11・3・31基発168号)。休日出勤分は、所定労働日(月~金)の労働時間数に「上乗せ」となります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月14日第2904号16面 掲載
ページトップ