「関係派遣先」は親会社までか グループで連結決算制採る 80%規制の適用範囲は?

2014.11.10
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 顧問先の会社(A社)が、「長年、取引関係のある派遣会社(B社)の株式を取得したい」という意向を持っています。いわゆる「グループ企業内派遣の規制」の観点から、A社の親会社であるC社は「関係派遣先」に含まれるのでしょうか。連結決算制を採っている場合、「80%規制」の範囲はどこまで及ぶのでしょうか。【大阪・D社労士】

A

孫を支配とみなすことも

 派遣法では、いわゆる「専ら派遣(派遣役務を特定の者に提供)」を目的とする業者は、許可の対象から除外しています(派遣法7条1項)。しかし、グループ企業内で複数の企業を対象として派遣会社を保有するケースもみられます。このため、グループ内企業への派遣割合を80%以下に制限する規定も設けられています(同23条2項)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年11月10日第2992号16面 掲載
ページトップ