危険有害業務の限度は? 1カ月変形制を採用する

2017.07.12
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、工場は1カ月変形制、その他事務等は1年変形制を取っています。危険有害業務は1日2時間まで延長できるといいますが、1カ月変形制は何時間まで可能になるのでしょうか。【福島・S社】

A

特定時間から2時間まで 延長すれば時間外扱いに

 労基法36条1項ただし書きでは、坑内労働その他厚生労働省令で定める健康上特に有害な業務の労働時間の延長は、1日について2時間を超えてはならないとしています。1日について2時間を超えてはならないとは、1日についての法定労働時間数に2時間を加えた時間数を超えることを禁止したもの(労基法コンメンタール)とされています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月15日第2286号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ