3カ月の時間外設定ダメに? 限度基準告示は120時間 月45時間累計より厳しいが

2019.03.22
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 まもなく時間外・休日労働(36)協定の更新時期に当たります。当社では、業務サイクルの関係から「3カ月単位の変形労働時間制」を採用しています。36協定でも「1日、3カ月、1年単位」で上限時間を定めていますが、改正労基法により「1カ月単位」の協定が不可欠になったと聞きます。3カ月の上限は1カ月の上限より厳しい内容ですが、この場合も、1カ月単位で上限を決める必要があるのでしょうか。【岡山・S社】

A

1カ月に加えて協定は可

 従来、36協定で時間外上限を定める期間は「1日、1日を超えて3カ月以内の期間、1年」の3種類とされていました。「1日を超えて3カ月以内の期間」および「1年」の上限は、告示(平10・12・28労働省告示154号)で示されていました。

 しかし、労基法改正により、上限を本則で規定する形に改めると同時に、限度時間を定めるスパンを…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成31年3月25日第3202号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。