標準報酬月額はどうなる 終了時改定待たず産休へ

2022.06.29 【健康保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 育児休業を終え近々復職する従業員と話をしていたところ、第2子を身ごもっており、復職から2カ月後に産前休業に入れないかと相談がありました。育児休業等終了時改定を待たず産前休業に入った場合、標準報酬月額はどうなるのでしょうか。【新潟・F社】

A

申出なければ従前どおり 出産手当金など考慮も

 育児休業から復職すると、標準報酬月額に関して、育児休業等終了時改定を受けられます(健保法43条の2)。育休等終了日の翌日が属する月以後の3カ月間に受けた報酬の総額の平均に基づいて新しい等級を決定し、育休終了日の翌日から数えて4カ月目の月から適用します。報酬をみる3カ月については、原則、報酬支払基礎日数が17日未満(被保険者数が一定以上の規模の特定適用事業所に勤務する短時間労働者は11日)の月はカウントしません。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2022年7月1日第2405号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。