1カ月超どう判断? 賞与の社会保険料免除

2022.04.25 【健康保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 育児休業中の社会保険料の免除の仕組みが変わるといいます。2カ月にまたがり休業したときで、休んでいない期間に支給日がある賞与は対象なのでしょうか。【福岡・O社】

A

従来どおり 月末で判断

 現行(改正前)の扱いを確認してみましょう。育児休業等をしている被保険者が使用される事業所の事業主が、保険者等に申出をしたときは、その育休等を開始した日の属する月からその育休等が終了する日の翌日が属する月の前月までの期間、被保険者に関する保険料を徴収しないとしています(健保法159条、厚年法81条の2)。月末に1日だけ育休等を取得すれば、その月に支給された賞与は免除になるという仕組みでした。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年4月25日第3350号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。