「解雇制限」に抵触するか 懲戒発覚も労災休業中

2021.03.10 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 ケガにより労災の休業補償給付を受給している従業員ですが、過去の懲戒事由が発覚しました。本人の重大な責に帰すべき事由があっても解雇することは労基法の解雇制限に抵触するのでしょうか。打切補償というのがあるそうですが、どのような給付でしょうか。【和歌山・N社】

A

本人の責あっても不可 打切補償なら1200日分

 使用者は、労働者が業務上の傷病により療養のために休業する期間およびその後30日間は、解雇してはならないとしています(労基法19条)。法19条には例外があり、使用者が、法81条の規定によって打切補償を支払う場合または天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となった場合には、この限りでないとあります。天災事変等の場合は、その事由の存否について所轄労基署の認定を受けるべきとしています。

 打切補償に関する法81条では、法75条の療養補償を受ける労働者が、療養開始後3年を経過しても傷病が治らない場合においては、使用者は打切補償を行い、その後はこの法律の規定による補償を行わなくてもよい、としています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年3月15日第2374号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ