人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

2018.03.08

年齢上限を設定? パート募集時の条件

ジャンル:
  • 雇用対策法関係
  • 高齢者雇用
  • 無期転換
  • パート
  • 定年
Q

 パートの募集に当たり、高齢者も積極的に採用するつもりです。一方で正社員の定年年齢や無期転換権との兼ね合いも心配です。たとえば、有期雇用で年齢上限を定めて募集することは可能でしょうか。【島根・N生】

A

有限雇用は年齢不問に

 雇用対策法10条では、募集・採用に当たり、年齢にかかわりなく均等な機会を与えなければならないとしています。

 年齢の上限等を定めることは原則禁止ですが、いくつかの例外が認められています。…

回答の続きはこちら
2018.03.06

65歳以上に就労促進? 自治体で制度を創設

ジャンル:
  • 高齢者雇用
  • 高年齢者雇用安定法
  • 定年
Q

 現在、企業等では65歳までの雇用を確保するために何らかの措置を講じることが義務付けられていますが、65歳以上の高年齢者に対しても、居住している地域等での就労を促進する制度があると聞きました。労働力人口の減少を受けてのことかと思いますが、具体的にはどういった制度なのでしょうか。【栃木・Y社労士】

A

雇保二事業の3年計画

 いわゆる「団塊の世代」が65歳に到達して企業からの退職が相次ぐ中、生活の大半を居住している地域等に置くことになるこれらの退職者でまだ働く意欲のある人が、その能力や経験を活かして年齢にかかわりなく働くことができるよう、「生涯現役促進地域連携事業」が始まり、平成28年に高年法が一部改正されました。…

回答の続きはこちら
2018.03.01

日雇いも免除対象か 高年齢者の雇用保険料 「日々紹介」を受ける形

ジャンル:
  • 日々紹介
  • 高齢者雇用
  • 徴収法
Q

 新規事業の関連で、「日々紹介」の利用を検討しています。業務の性質から、対象者には高齢者も多いと予想されます。そこで疑問なのですが、日雇労働被保険者の場合、雇用保険の「高年齢者の保険料免除」の対象になるのでしょうか。平成29年から高年齢者の取扱いが変わったようで、いろいろと情報を収集しています。【山口・I社】

A

猶予関係なく納付義務

 「日々紹介」とは、労働者を日単位で顧客企業に紹介する仕組みです。職業紹介事業者は、求人者と求職者の雇用関係の成立をあっせんします。

 個々の労働者は、紹介された企業と直接、雇用契約を締結します。ですから、雇用保険も紹介先で適用を受けます。

 日々雇用される者・30日以内の期間を定めて雇用される者は一般被保険者にはなりませんが、日雇労働被保険者になり得ます(雇保法43条)。

 雇用保険関連で事業主が納付義務を負うのは、一般保険料(そのうち雇用保険分)と印紙保険料です。…

回答の続きはこちら
2018.01.15

採用時64歳で保険料? 申告納付は年度単位

ジャンル:
  • 人手不足
  • 高齢者雇用
  • 雇用保険法
  • 徴収法
Q

 人手不足で、高年齢者の採用を検討しています。雇用保険料は、64歳以上は免除対象のはずです。労働保険は年度で申告納付する仕組みですが、たとえば、12月に誕生日があり64歳になった方を1月に採用したとき、保険料の扱いはどうなるのでしょうか。【山形・K社】

A

年度初日の年齢をみる

 徴収法では、高年齢労働者(64歳以上、徴収則15条の2)の賃金総額に雇用保険率を乗じて得た額を超えない額を減じることができる(法11条の2)としています。徴収則15条の2第2項に、保険年度の初日において64歳以上である労働者としています。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ