雇用以外の方法どうする 70歳まで就業を確保

2021.01.15 【高年齢者雇用安定法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 改正高年法により、事業主は「70歳までの就業確保」のための措置を講じるものとされています。当社では、高年齢者の選択ニーズに応えるため、継続雇用だけでなく、創業支援等措置の整備にも取り組む方針です。具体的には、どのような対応が求められるのでしょうか。【兵庫・O社】

A

過半数代表から同意得て 計画作成して周知が必要

 「70歳までの就業確保」措置は、雇用によるタイプ(高年法10条の2第1項)と創業支援等を行うタイプ(同条2項)に分かれます。両者の関係は、法の条件に適合する前者(創業支援等)の仕組みを整備した場合、重ねて前者(雇用による就業確保)の措置を講じる必要はありません。

 創業支援等措置には、2種類あります。第1は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年1月15日第2370号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。