「必要と認めた者」で十分か 65歳以上の継続雇用 努力義務措置講じるため

2020.08.21 【高年齢者雇用安定法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 「70歳までの就業確保」に向け、法改正があったと聞きます。事業主が講じる措置として複数の選択肢を設けていますが、どれか1つ行えば足りると理解しています。当社では、65歳に達した後も、「会社がとくに必要と認めた者」は継続雇用すると定めています。最低限、この規定があれば、法の条件を満たすのでしょうか。【千葉・I社】

A

選別可だが労使合意注意

 現行の高年法では、「65歳まで希望者全員継続雇用」を義務付けています(9条)。その一歩先のステップとして、改正法により「70歳までの就業確保」に関する規定が整備されました。施行は令和3年4月1日です。

 「高年齢者就業確保措置」は、5種類定められています(高年法10条の2)。労使合意による「創業支援等措置」を講じない場合、次のいずれかの措置を講じる努力義務が課されます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年8月24日第3269号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ