職場の高齢化どう対応? 安全衛生対策知りたい

2022.07.26 【労働安全衛生法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 少数精鋭を謳い、気心の知れたメンバーで経営を続けてきましたが、高齢者の多い職場となっています。安全衛生にもそれなりの対策が必要となるかと思いますが、参考になる指針などはないでしょうか。【愛知・Y社】

A

照度などハード面を確認 労働者にも取組み求める

 主に中小企業においては、要員管理上、「新卒主義」は実現しにくく、時間の経過とともに高齢者中心の職場になっているといった現状があります。

 労働者千人当たりの労災件数は男女ともに若年層に比べ高年層で相対的に高い値(25~29歳と比べ65~69歳では男性2.0倍、女性4.9倍)が報告されています(厚生労働省「平31/令元労働災害発生状況の分析等」)。保守的な価値観の蔓延、体力面やとっさの機敏さが鈍化することから、今後、労災の防止にも一層の配慮が必要となります。

 このような現状の改善のために、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2022年8月1日第2407号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。