危険有害業務の教育は? 対象や実施時期を教えて

2022.06.10 【労働安全衛生法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 労働者を雇い入れたときや作業内容を変更したときには、安全衛生教育を実施しなければなりません。危険有害業務に現在就いている者に対しても、安全衛生教育を行わなければならないそうですが、この安全衛生教育について、詳しくご教示ください。【岡山・S社】

A

5年おきなど定期に実施 指針で17業務の内容示す

1 危険有害業務に現に就いている者に対する安全衛生教育

 事業者は、安全衛生の水準の向上を図るため、危険有害業務に現に就いている者に対し、安全衛生教育を行うように努めなければならないこととされています(安衛法60条の2第1項)。

 厚生労働大臣は、この安全または衛生のための教育の適切かつ有効な実施を図るために必要な指針(平元・5・22指針公示1号)を公表しています。

 この指針は、事業者が、安全衛生教育の適切かつ有効な実施を図るため、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2022年6月15日第2404号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。