人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

 日常職場で発生するトラブルの処理の仕方、安全衛生の諸問題、人事労務制度の内容、労働関係法の解釈など、紙面に寄せられた労働に関する相談を掲載しています。

 労働新聞・安全スタッフのご購読者様は、専門の担当者が労働に関する相談に無料で幅広くお答えします。電子版にログインのうえご相談フォームからご利用ください。

2018.11.30

労働条件明示も変更あり? 求人情報は記載増えた 試用期間や固定残業代など

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 労働契約関係
Q

 当社は零細企業ですが、昨今の人手不足で、久しぶりにハローワークに求人を出しました。その際、記載すべき事項が増えていることを初めて知りましたが、今後、良い人材がみつかったとします。雇入れ時には、労基法に基づいて労働条件通知書を交付します。こちらも、記載事項等に変更があるのでしょうか。【熊本・М社】

A

書面のほかメール可能に

 従業員の採用時、企業は2段階に分けて労働条件に関する情報を提示します。職安法に基づく求人情報の発信については、ご質問にあるとおり、平成30年1月1日から改正法が施行されています。

 職安則で定める事項(4条の2第3項)に、「試用期間」「雇用者の氏名・名称」「派遣労働者として雇用する場合はその旨」が追加されたほか、…

回答の続きはこちら
2018.11.30

飲酒の問題どう対処する 社員に依存症の自覚なく

ジャンル:
  • 衛生管理
Q

 仕事中によくぼーっとしている社員に注意すると、「他の同僚も部署の飲み会の後、酒臭い状態で仕事に出てきていたのに自分だけとやかく言われるのはおかしい」と「逆ギレ」されてしまい、話を聞いてくれません。どう対応すべきでしょうか。【石川・D社】

A

早い段階で医療につなぐ 労務管理上は毅然と対応

 アルコール依存が疑われる方が上司や同僚に連れられて産業医の元に相談に来ることが時々あります。毎日酒臭く居眠りが多い、たびたび体調不良を訴え休養室にこもる、取引先に会わせられないなど相談内容はさまざまですが、もっと早く連れてきてもらうべきだったと思われるケースもしばしばあります。

 アルコール問題はメンタルヘルス不調をはじめとしたその他の問題に比べ、…

回答の続きはこちら
2018.11.29

死傷病報告の提出義務は

ジャンル:
  • ショート実務相談Q&A
Q

 労働者死傷病報告が必要となるのは、業務上災害により休業等した場合のみでしょうか。労災かどうか分からない、けど休業したような場合はどのように考えますか。

A

 安衛則97条では、以下の場合に事業者に提出義務があるとしています。

①労働者が労働災害その他就業中により死亡し、または休業したとき
②事業場内もしくはその附属建設物内における負傷、窒息または急性中毒により死亡し、または休業したとき

回答の続きはこちら
2018.11.29

一部加害者に債務免除? 事故は共同不法行為

ジャンル:
  • 交通事故処理
Q

 対向車線を反対方向に走行していた車(Y車)が道路脇の駐車場から出てきた車(Z車)と出合い頭に衝突し、Y車が押し出されて私の車と衝突する事故が発生しました。YとZの双方に過失があると考え、私は双方と個別に示談交渉しています。事故の全損害は200万円でしたが、先にYとの交渉で「Yは私に100万円を支払い、私がその余の請求を放棄する」との条項が入った示談書が提案されました。私は、Zからも賠償金を支払ってもらいたいのですが、Yとの示談がまとまると上記条項によりZに対しても請求を放棄したとみなされ、損害賠償を求められなくなるでしょうか。【埼玉・T生】

A

原則他の加害者に及ばず 連帯債務規定適用しない

 今回の事故は、Yの過失とZの過失が競合して双方の車両が衝突し、その結果損害が発生したものですから、質問者からみるとYとZは「共同不法行為者」ということになります(民法719条1項)。この共同不法行為者に対しては、被害者はそれぞれ全損害を請求することができます。

 この点は本件についても同様ですが、上記示談では加害者のYが支払うのは、…

回答の続きはこちら
2018.11.28

元請の指示拒否できるか 資材等の購入先指定され

ジャンル:
  • 建設業法
Q

 最近工事請負契約を行い着工しました。ところが着工後に建設工事に使用する資材等の購入先を指定されました。拒否することはできるのでしょうか。【岐阜・L社】

A

不当な強制は法律違反に 下請の利益侵害した場合

 建設業法19条の4(不当な使用機材等の購入強制の禁止)では「注文者は請負契約の締結後、自己の取引上の地位を不当に利用して、その注文した建設工事に使用する資材もしくは機械器具またはこれらの購入先を指定し、…請負人に購入させて、その利益を害してはならない」とあります。

 建設業法令遵守ガイドライン(第5版)の「元請負人と下請負人の関係に係る留意点」に、法19条の4違反となる恐れがある行為の事例と法解釈が示されています。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ