割賃後払いできる? 単月だけ締切日繰上げで

2020.05.19 【労働基準法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 月末締め、翌月10日払いで賃金を支払っています。しかし、諸事情につき、月末締めだと割増賃金の計算が間に合わない月が発生します。たとえば、その月だけ割賃に関する締切日を23日に繰り上げ、24日~月末分を翌々月の支払日に支払うといった措置を採るのは問題ないですか。【大分・B社】

A

申告させて支払い調整

 労基法は、賃金について全額払いや毎月一回以上払いなどを定めています(24条1項、2項)。ある月の割賃分を規定なしで翌月に支払うのは、厳密には同法違反です。

 一方、全額払いに関して「前月分の過払い賃金を翌月分で精算する程度は…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和2年5月18日第3257号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ