5年到達前に発生? 無期雇用への転換義務

2016.12.12
Q

 派遣労働者として1年間の有期契約を複数回更新している社員がいます。いずれ本人の希望で無期雇用への転換が予測されますが、転換のタイミングは雇用期間が通算5年に達する見込みとなった時点と、実際に5年間雇用した時点のどちらになるでしょうか。派遣法にも似た制度があって混乱しがちです。【東京・E社】

A

「通算5年」を超えたら適用

 有期労働契約の労働者を無期労働契約に転換する義務が使用者に生じるのは、平成25年4月1日以降に開始される労働契約において、…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年12月12日第3092号16面
ページトップ