引上げの内容を知りたい 教育訓練給付金が拡充に

2019.05.29
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 雇用保険から出る教育訓練給付金の金額が引き上げられたと聞きました。業務に役立つ内容であれば、従業員に対して、積極的な活用を薦めたいと考えています。そこで確認ですが、既に給付金を受給したことのある従業員もいます。こうした人の取扱いはどうなるのでしょうか。【広島・K社】

A

「専門実践」給付上限の額 「一般」も一部給付率上昇

 平成31年の通常国会に、雇保法の改正法案は上程されませんでした。しかし、雇保則の改正により、教育訓練給付の拡充等が実施されているので、そちらの内容から先にみていきましょう。

 教育訓練給付の改正は、2段階施行です。まず、平成31年4月1日に一部の専門実践教育訓練の給付額上限が引き上げられました(雇保則101条の2の8第3項)。全体の上限は原則120万円(資格取得が雇用の安定につながれば168万円)ですが、今回改正により「法令により4年の修業年限が規定されている教育訓練」に限っては上限160万円(同224万円)となります。

 次に、令和元年10月1日から、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2019年6月1日第2331号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ